日記から読み取る心のうち

普段考えないようなことをまとめています。

土地調査で新潟の日本海に面したある漁村に滞在したことがあるのですが、そこの漁師さんたちの忘年会に参加させてもらったことがあります。いちおう初対面の人もいるのでメンズ スーツ 安いのですが、正装してのぞんだわけです(^-^;
とにかくなにもかも豪快だったのが忘れられません。漁師になりたての地元の子、都会から移住してきて転職した人、長老的、親分的な役割を果たしている
年配の方まで、本当に年齢層は幅広いのですが、共通しているのは皆とんでもなく飲む、ということです。
水代わりに日本酒、ビールをガバガバ飲み、機嫌がいいのか喧嘩腰なのかよくわからない大声が飛び交い、荒々しい漁師たちの忘年会に圧倒されてしまいました。
しかしさすが漁村、出てくる料理、特に刺し身の味は絶品でした。特に採れたてのウニがメチャクチャ美味しかったのですが。後日同じ味を求めて地元の大阪で寿司屋を回っても、味の優劣以前に都会の料理屋で出てくるウニはもう生臭くて食べられない、ぐらいの差がありました。
最後のビンゴ大会の商品が米、牛肉、卵と食べ物ばかりだったのも印象に残っています。都会のチェーン居酒屋などでは絶対に味わえない、イキイキと生命力に溢れた忘年会でした。

 

 

4月 9th, 2016

Posted In: 記憶

タグ: