日記から読み取る心のうち

普段考えないようなことをまとめています。

今朝のニュースで全国的に金庫が売れ始めているということが言われていました。原因は日銀のマイナス金利政策です。
普通預金の金利が0.001%ととんでもない低金利になったために口コミで最終的には預金封鎖されるのでは?というところまで考えている人もいるのでしょう。
現に昔は国が預金封鎖したという実例もあります。ないとは言い切れませんよね?

そのために銀行や国に預けているのは馬鹿らしいと預金を下ろしてタンス預金にし始めているとも言われています。たぶん本当に預金をおろしている人もいるのでしょうね。新聞の記事にもインタビューで降ろして百貨店の友の会に入会している人もいるようです。
預金封鎖まではいかないかもしれませんが、貯金していればお金が増えるなんて考え方はとうの昔に消えています。そんな考えをもっている高齢者も確かにいます。時代に取り残されていますよね(-_-;)
今すぐに資産投資したほうがいい!なんて言いませんが、国は国民を助けたりは絶対にしません。自分で自分の身を守るしかないという気持ちは持ちましょう。国民年金でさえすでに破たん寸前です。預けた分年金が帰ってくるとは思えませんからね。

 

2月 24th, 2016

Posted In: 日記